Matusaka Daisuke氏 チャリティーアルバム「spirit」リリース

split

Matusaka Daisuke チャリティーアルバム spirit リリース

先日SORA展でもDJして頂いたプロデュサー

Matusaka Daisukeさん(Off-Tone)のチャリティーアルバム「spirit」がリリースされ

アートワークの一枚を担当させて頂きました。

売り上げは、西日本の豪雨及び台風災害、北海道の震災災害への復興支援へと募金されます。

このアルバムは一曲に対して一アーティストのアートワークが起用されており、各曲のイメージを表しています。

それぞれ作風は違いますが、通して聞いてみるとトータルでひとつの深い世界観をを感じさせてくれます。

音もヤバいし、さすが松坂さん。

誘って頂けて本当に嬉しいです。

この作品がひとりでも多くの人に届きますように。そして復興の力になりまうように。

以下、松坂さんの言葉をシェアします。

………………………………………………………….

チャリティーアルバム「Spirit」リリースのお知らせ

Spirit詳細はこちら

チャリティーアルバム「Spirit」リリース!

このアルバムの売上はすべて西日本の豪雨災害、台風災害、そして北海道地震災害の復興支援のために日本赤十字社の該当災害窓口へ募金されます。

形態はお届けが一番早い配信です。
流通に乗せるまでのタイムラグすら疎ましい現状ですからね。

現在受付中の窓口は以下。

平成30年7月豪雨災害義援金

平成30年北海道胆振東部地震災害義援金

募金は上記受付窓口が終了するまで続けられます。

This is a charity album for the Hiroshima heavy rain disaster in the summer of 2018, Osaka typhoon disaster and the Hokkaido earthquake disaster.

All sales are donated to the Japanese Red Cross.

そしてダウンロードされたアルバムデータにはこの企画に賛同してくれたアーティストから提供していただいた画像についてのPDFが含まれています。

各曲のイメージアートワークは下記のアーティストからご提供いただきました。

1.memories

Taiki Kusakabe

2.image

Atsushi Harata

3.ghost

MAJIO

4.wash

Teruyuki Kurihara

5.spirit

ORINOTAWASHI

6.mori to taki

Seisen Ito

そして、これらの絵を一枚のデザインへとまとめてくれたのは、いつもOff-Toneの印刷物デザインを担当してくれている山口敬太。

改めてみなさんのご協力に深く感謝いたします。

今回のこの企画の発端は今年の7月28日。

朝から何気なくスタジオで機材に向かい手を動かしていると、急に何かに取り憑かれたようにアイデアが湧いてきて夕方には6曲が出来上がっていました。

いきなりアルバム1枚分の曲が1日で出来上がったのは何かに役立てろという事な気がして、地元である広島の豪雨災害へ売上を寄付するアルバムにしようと思いたち、その勢いのまま周りのアーティストたちに声をかけました。

そんな突然の話にもかかわらず皆さんの本当に素晴らしい心意気のおかげで、絵の提供から使用許可の取り付けまで全て9月頭には整ってしまいました。

さあ!配信開始だ!という9月4日、いきなり大阪を今世紀最大の台風が襲い、さらに6日には北海道で大地震が発生しました。

これには流石にびっくりし、企画を練り直すことにしました。

という経緯で新たな寄付先を調べ、CAMP Off-Toneの情報に埋もれてしまいそうな時期を外し、落ち着いたこの10月にリリースとなったわけです。

ぜひみなさまのお気持ちを頂戴したく、何卒ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 

Matsusaka Daisuke

Matusaka Daisuke プロフィール

広島生まれ。
DJ、作曲家、エンジニア。
94年より楽曲制作を始め、98年よりDJ活動を開始。

2000年のファースト12インチシングル以降、これまでに2タイトルのアルバムと3枚の12インチシングルのリリースの他多数のコンピレーションへ楽曲を提供。

バンドのプロデュースやアレンジ、CMや企業PVなどの音楽制作、各種マスタリングも手がけ、現在はStudio Sprout Lab.代表およびクラシックレーベルでのマスタリングエンジニアも務めており、2014年にはApple社よりMastered foriTunes対応エンジニアの認定も受けている。

また、オーガナイザーとしてアンビエントパーティー「Off-Tone」を主催し、新たなパーティーの可能性に挑戦している。
さらに2017年3月には「Off-Tone」を音楽レーベルとしても運営開始。制作から共有の場所まで全てに責任を持ち、「音楽のある未来」づくりを推進している。

Matusaka Daisuke Mixcloud

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です